ごうクリニック

ごうクリニック | 名古屋市南区 内科 呼吸器科 アレルギー科 小児科

ネット受付

 

いびきでお悩みの方へ

 

E-PARK 病院

初診の方は、上記ボタンからネット受付をご利用いただくことが可能です。

 

ごうクリニックBLOG

 

HOME»  健康診断

健康診断

お誕生日には健康診断を受けましょう。

ごうクリニックでは、特定健診と後期高齢者健診を行っております。
年に一度は健康診断を受けて、不安なく元気な毎日をすごしましょう。
乳幼児の一般健診も行っております。まずお電話でお問い合わせください。


※詳しくは、名古屋市のHPをご覧下さい。

 

特定健診・後期高齢者健診

特定健診とは

特定健診(特定健康診査)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた健康診査で、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための健康診査および保健指導を行い、糖尿病等の有病者・予備群を減少させることを目的としています。

 

対象者

40歳以上の方に、加入する健康保険から受診券および受診案内が送られます。また、特定健診の結果により、生活習慣病のリスクが一定以上あるとされた方は特定保健指導の対象となります。

 

内容

問診・身体診察・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)・血圧測定・血液検査・尿検査を行います。
 

 

費用

特定健康診査・特定保健指導ともに、自己負担なしで受診・利用いただけます。

 

名古屋市のがん検診

費用

名古屋市ではがんの早期発見・早期治療を目的として、各種がん検診が行われています。
名古屋市民の方を対象に500円で受けられますので、ぜひ受診し、ご自身の健康をチェックしましょう。
70歳以上の方(今年度中に70歳になる方も含みます)は無料です。

 

事業 受診回数 対象 内容
胃がん検診 年度に1回 40歳以上の市民
(本年度中に40歳になる方を含みます)
1.問診
2.胃部X線検査
大腸がん検診 年度に1回 40歳以上の市民
(本年度中に40歳になる方を含みます)
1.問診
2.免疫便潜血検査/2日法
肺がん・結核検診 年度に1回 40歳以上の市民
(本年度中に40歳になる方を含みます)
1.問診
2.胸部X線検査
3.必要な方には喀痰胞診
前立腺がん検診 年度に1回 50歳以上の男性市民
(本年度中に50歳になる方を含みます)
1.問診
2.PSA検査

 

胃がん

患者数が一番多いがんです。
40歳を越えると、胃がんにかかる率やがんによる死亡率が上がってきます。
早く見つけて治療すればほとんど治癒が可能です。
40歳になったら、年に1回、胃がん検診を受けましょう。

【胃がんの検診方法:胃エックス線検査】
胃をふくらませるための発泡剤と造影剤(バリウム)を飲み、レントゲンを撮ります。

 

大腸がん

大腸がんにかかる率は50歳頃から増えはじめ、高齢になるほど高くなります。
早期に発見をすればほぼ治癒が可能です。
食生活の欧米化に伴い男女とも増加の傾向にあります。
40歳以上の方は年に1回、便潜血反応による大腸がん検診を受けましょう。

【大腸がんの検診方法;便潜血検査】
2日分の便を採取し、検査します。

 

肺がん

日本人のがんによる死亡数のトップが肺がんです。
肺がんにかかる率は40歳代後半から増えはじめ、高齢になるほど高くなります。
しかし、早期のうちに治療すれば約8割が治るようになりました。
タバコを吸わない方にも肺がんが発生することはあります。
年に1回は検診を受けるようにしましょう。

【肺がんの検診方法; レントゲン撮影】

 

前立腺がん

前立腺がんは男性特有のがんで、65歳以上で増えてきます。
早期のがんには前立腺肥大に伴う症状(排尿困難、頻尿)以外に特有の症状はないことが多く、
一方で進行すると骨に転移を起こすことが多いため、腰痛などで発見される場合があります。

【前立腺がんの検診方法;問診、採血検査】

 

骨粗しょう症検診

対象の方 4月1日現在で40・45・50・55・60・65・70歳の女性。
料金 500円(4月1日現在40・50・60・70歳の方は無料です)
検診の内容 骨量測定(手の骨のレントゲン撮影をして分析します)

 

乳児一般健診

対象の方 1歳未満の乳児
料金 無料
健診の内容 診察(発育状態の良否、疾病の有無など)

 

C型・B型肝炎ウイルス検査

対象の方 これまでにこの検査を受けたことのない市民
料金 無料
健診の内容 血液検査